中学生で朝起きられない原因

中学生くらいの年齢のお子さんをお持ちで、朝どうしても起きられない、目が覚めていても体が思うように動かないなどの様子を毎日繰り返している場合、単なる寝坊ではなく起立調節障害と言う病気が隠れている可能性があります。
起立調節障害(OD)とは思春期に頻発する自律神経機能の失調(調整がうまく付かない状態)が原因と考えられています。

自律神経とは私たちの血圧の上昇下降に始まり体内の各器官の働きを無意識のうちに自動調整してくれる神経のことで、交感神経と副交感神経の2つからなっています。

交感神経が活発になると血圧は上昇し、副交感神経が活発になると血圧は低下する関係にあり、両者の神経の相互作用のおかげで私たちの血圧などの体内環境は一定レベルで維持されているわけです。

起立調節障害は急激な身体的成長に体が追いつかず、自律神経の機能に不具合が生じていると考えられています。

この病気の場合起床時に立ちくらみを訴える場合がしばしばあります。
人間は急激な運動をしようとすると、めまいやたちくらみを感じることがあります。

朝礼時など長時間の起立時にめまいや冷や汗をかき酷い場合には倒れてしまうことがあります。

いわゆる貧血を起こした状態を言いますが、これは脳貧血と呼ばれる症状を指します。

これは血圧が低下したことにより脳内の血のめぐりが悪くなったことに起因して生じる現象です。

健常者でもたまに生じることがありますが、これが慢性化して朝の目覚めの悪さのために、起床が困難になり日常生活が著しく障害を受けているのが起立調節障害の子供の生活なのです。
人は起立すると血液は重力の力で下半身に移動します。

血圧が重力に牽引されて急激に移動するため、血管も血流増加に併せて広がり、血圧が低下します。

下半身に血液が流れるので心臓への循環量も減少します。

自律神経が健常であれば、交換神経末端から血圧をあげる指令が出されて血圧は調整されます。

ところが起立調節障害の子供では、交感神経が機能しません。

心臓への血液循環も少ないままなので血圧維持のために心拍数を増加させ頻脈となり、起床時のだるさの症状発症の原因となります。
起立調節障害では寝起きが悪くなかなか床を離れることが出来ません。

一日中ごろごろしていることが多く、午後になると体の調子がよくなって来るので、一見すると怠けているだけのようにも見えるので先生や親など周囲の大人の不理解の結果、軋轢を生み長期間学校欠席を続けるといった不登校に至っていることもしばしばあります。
朝目覚めが悪く、午前中調子が悪い、と言った起立調節障害は程度の軽いものも含めれば相当数の子供がこの症状を経験していると見られています。
軽い起床障害程度であれば成長と共に目立たなくなることが期待できますが、重度のものであれば適度な時期に対処を講じないと、遅刻を繰り返し教師などと衝突するうちに嫌気が差して不登校になる恐れもあります。
毎朝遅刻を繰り返すほどの目覚めが悪い時は、一度起立調節障害を疑ってみる必要があります。

起立性調節障害の治療方法はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です